適当日記
昨日、知人のPC刷新にお付き合いでアキバ行きました。
ウェブブラウズとライトゲーマー程度の使用頻度ながら
たまにポリゴンゲーするのと、いわゆる「ながら」作業で
マルチタスクすることが多いのでデスク切替を決意したそうでして。
久々にPCの新規購入だってことで、付き合う私も
他人の財布でお買い物感を満喫するべく気合入れていったんですけど・・・
購入する当人が今まで吊るしノートの人間だったので相談の結果、
完全自作よりも汎用カスタムの方がよかろうとBTOベースで
辿って行って、結局↓これにしたんですけどね。
鼠演算機

色んな評判(あえて書かない)のあるこのショップの品なんで総合システム性能はさておき、
次世代MPUだーと騒いでたi7がデビュー4ヶ月でもうここまで下がったんだなと素直に驚きました。
OS込み、1TBHDDと中堅やや上のグラボついて10万しない。

ちょっと前まで、MPUのソケットやらメモリ規格がちょいと変わるだけでも、
市場の遷移は遅れ気味(まず旧来システムの底値叩き売りを経てからの移行)だったのが
パーツ単価が下がってるんだか何なんだか、値下げピッチが激しくなりましたね。

こうなってくると購入者にとっても、常に新技術を追う自作カスタムよりも、
タイミング見計らってのコンポーネント一括購入・・・いわゆる「家電的買い方」をしても
カスタム幅などの融通が利いて且つお買い得、ってことになるのかも。
性能突詰めってのは流行らないのかもわからんね。

次にくる買換え需要は新OSかなぁ・・・窓7来年って言ってるけどどうなるんだか。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック