適当日記
本格的SOHO勤務になってからここ数年、
学生時代のように本や音楽等のメディア漁りを
店頭でする機会ってのがめっきり少なくなりまして。

当時は店頭で立ち読みなり試聴なりして気に入ったのを買う、
と言う芸当が出来ない以上通販であるアマゾンには
自ずと限界あるんじゃないかなとか軽く見てたんですが・・・

この手のメディアにおいては専門書にしろライトな本・CDにしろ、
前者は必要に応じて求められるもの=買う人は中身がある程度わかっているし
後者は店頭以外にネットを通じての試聴や前評判調べが容易なモンで
店頭調べの価値が薄れ、代わって在宅で買える利便性が光るようになってきたんですよね。

それでも送料は一定額買わないとかかるし、
メジャーどころだけなら書店組合の通販でも似た芸当は出来る・・・
とおもったらいつの間にやら送料完全無料になってたり、
海外の中古品漁りがアマゾン経由で日本語でokになるなどエライ事になってて。

うちの顧客にも書店さん(小売から中堅どこまで)いらっしゃいますが
いよいよ以って単に本だけ売ってもどうにもならない時代が来たかなと。
何かの併売、あるいは情報発信を並行すると言う芸当がとりあえず必要ですが
小さいところだとその準備もままならないしなぁ。
一応うちの会社で色々案出しちゃいるけど、ジリ貧になりそうでこわいっす。

で、何でこんな話を唐突にしたかといえば
おいらの聞くような微妙ジャンルの曲でも外国の店から
安く引っ張ってこれる事に気が付いたからなんですが。



かつて輸入CDだけ安いのはどうだこうだとJASRACあたりが
もめたような話題を数年前に聞きましたけど、
個人購入で送料含めても国内出回り品の半額以下ってのは恐ろしい限り。

ま、考えてみればitunesとかネット経由の曲単体販売が一般化してる中、
ディスク媒体の価格帯が下がらないってのも変な話な訳で。
DVDだって準新作が安売りパックになる時代、エンターテインメントも
デフレ気味になっていったりするのかも。

かといって、買いあさりはできませんがねw
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cga3.blog34.fc2.com/tb.php/133-c60945d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック